2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.01.23 (Sat)

新曲追加

○練習場所
此花区民センター(会議室4)

○練習曲
「旅のかなたに」より
しあわせよカタツムリにのって

無伴奏混声合唱のための「シャガールと木の葉」(北川昇作曲)より
歩く

○練習内容
発声:20分

「しあわせよかたつむりにのって」
1回合わせた後、女声と男声のパート練習(音確認30分)
再び合わせ
・パーツごとに合わせ
・言葉を丁寧に歌うことで全体の揃う部分を
 すっきりさせる
 →前半は意識できるが後半は集中力が落ちる
・フレーズの山について、収め方に注意
 →推進力を失わないデクレッシェンドを
・Bメロ部分がだいぶこなれてきたように思うが
 その分歌い急ぐ感あり。注意

「歩く」
・パートに分かれて音取り
 各パート進捗は違いましたが曲の前1/3までを課題に
・上記箇所まで合わせ
若干暗い印象ながら、淡々とかみしめるように歌うのが
伝わるように思います

○練習出席者(7名)
Sop(指揮者含) 2、Alt 3、Ten 2、Bass 0


投稿者: 姉。(編集:つか)
21:00  |  練習報告  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.01.16 (Sat)

カタツムリのように(?)

○練習場所
都島区民センター(会議室3)

○練習曲
「旅のかなたに」より
しあわせよカタツムリにのって

○練習内容
本日は1曲をカタツムリのように(?)じっくりと練習しました。
初めて歌う人もいたので、音の確認をしながらすこしずつ進めました。

歌詞が理解し易い、入りやすいものなので、
すぐに雰囲気をつかんで歌っている人もいましたが、
やはり、曲の細部に注意をもって行かないと伝わらない音楽に
なるような気がします。

特にシンプルな曲だけにフレーズ、旋律を磨かないと
説得力のある音楽になりません。

そのための発声の技術的なポイントも日ごろから
意識して歌っていかないといけませんね。

○練習後
8人で座・和民に行きました。
毎年恒例の温泉合宿の話題などが出ていました。

○練習出席者(12名)
Sop 3、Alt 4、Ten 3、Bass 2


投稿者: つか
21:00  |  練習報告  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.01.09 (Sat)

新曲決定

○練習場所
都島区民センター(会議室4)

○練習内容

合唱祭の
候補曲を(5曲)何度か流しました。
その上で検討し1曲を決定しました。

旅のかなたに~から
「しあわせよカタツムリにのって」
信長貴富作曲


音とりをしておいて下さい。よろしくお願いします。

後の1~2曲に関しては、指揮者に選曲してもらう事になりました。
(3月頃までに決定してもらいます)


○練習出席者(8名)
指揮者 1
Sop(指揮者含) 3、Alt 2、Ten 0、Bass 2


投稿者: こうサマ(編集:つか)
21:00  |  練習報告  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.12.26 (Sat)

クリスマスは過ぎてしまいましたが…

クリスマスは過ぎてしまいましたが、クリスマスっぽい曲を歌いました。

○練習場所
クレオ東(多目的室)

○練習曲
もろびとこぞりて
さやかに星はきらめき
Ave verum corpus
CANDLERIGHT CAROL
ホワイト・クリスマス
ジングルベル

○練習内容
一年前に歌った曲ですが、忘れてしまっていることが多かったです。
でも、歌っているうちに思い出したりして楽しかったですね。

○練習後
参加者全員で忘年会へ(座・和民)
料理がとても早く出てくるので、テンポよく食べれましたo(^-^)o
Bさんが注文した冷麺が美味しかったな~

○練習出席者(9名)
Sop(指揮者含) 4、Alt 3、Ten 1、Bass 1


投稿者: こうサマ(編集:つか)
21:00  |  練習報告  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.12.19 (Sat)

チェック事項の確認を

○練習場所
都島区民センター(会議室3)

○練習曲
「地球へのバラード」より
Ⅳ 夕暮

「地平線のかなたへ」より
2.サッカーによせて
3.二十億光年の孤独
4.卒業式

○練習内容
ひととおり通してから、指揮者のチェック事項を練習しました。

サッカーによせて:
1、「休符の歌い方」のチェックがありました。例えば、P22のソプラノ、
アルトの「きぼうはいつも(8分休符)どろまみれなものだ」の所です。
”も”が長すぎると、休符がハッキリしなくなり、アウフタクトの入りが
ボンヤリとして、全体が平板に聞こえるそうです。
「地平線のかなたに」は他の曲でも同じ休符の使い方をしている所が多いので、
注意しましょう。
2、レガートの歌い方の注意もありました。
どうしても、元気よくなりやすい曲ですが、レガートで歌う箇所もあります。
しかし、ただレガートと思ってもなかなか上手く行かないので、
「クレッシェンド、デクレッシェンドをつければ良いのでは。」
という提案がありました。
(確かに、レガートで歌う所には、”松葉マーク”があります。)
”松葉マーク”を意識するとだいぶ良くなったように思いました。

二十億光年の孤独:
1、P32、ソプラノがテノールとアルトが「それは、それは」をズレて
歌っているのに気がついていなかったことが判明しました。
アルトがいなかったので完全に1拍遅れました。
2、「にじゅうおくこうねん」の歌い方のチェックがありました。
”にじゅうおく”と一度に歌ってしまうと何を言っているのか判らない
そうです。”にじゅう””おく”と分けて言いなおすつもりで歌うと、
ちゃんと聞こえました。
(二十億光年の孤独という題名ですけれど、”二十億”と歌うのは
男声が一回だけのようです。大事に歌いましょう。)
3、P37のglissのところで意見がありました。
glissの最初の音が4分音符になっているので判りにくいですが、
ここは、3+3+2、3+3+2のリズムになっています。
上手くリズムに乗らないと、ただ伸ばしているだけで、
曲が死んでしまいますので注意しましょう。
参考に、木下牧子先生の注意事項を挙げておきます。
http://www.asahi-net.or.jp/~az4m-knst/qa_bucknumber/gliss.html

卒業式:
練習の最後にざっと通しただけでした。
最初の女性合唱の部分は大きめに(pではなくてmfのつもりで)の
指示が出ました。
テノールパートソロの部分は、1回目に歌ったときに音程が下がってしまい、
後がグチャグチャになっていしまいました。(申しわけありませんでした。)
楽譜から目を離して、目線を上げて歌うようにすると多少ましになりました。
P52のアルトとテノールの”O”掛け合いでテノールの歌い方がキツイとの
チェックがありました。(注意します。)

夕暮れ:
何とか止まらずにとおりましたが・・・。それだけでした。難しいですね。
音も取れているんですが、不協和音になったとたんに、
みんなから自信がなくなってしまいます。
ただ、最後にみんなか固まって互いの音を聴きあって歌ったときは、
前半は割と上手く出来ました。
「正しい音を歌えばいい。」と思って歌うだけでは、
上手く行かないということを再認識しました。


今後についての話しあいも少しありました。

○練習出席者(9名)
Sop(指揮者含) 2、Alt 2、Ten 3、Bass 2


投稿者: 40代合唱人(編集:つか)
21:00  |  練習報告  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。