2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.27 (Sat)

注意すること、イメージすること

○練習場所
クレオ西(研修室)

○練習曲
「木下牧子アカペラ・コーラス・セレクション」より
おんがく

「旅のかなたに」より
しあわせよカタツムリにのって

「シャガールと木の葉」より
歩く

○練習内容
今回の練習で気をつけていただいたのは、次の点です。

1、子音は打点の前に入れること。(打点では母音が出ていいること。)
  そのために準備(用意)をしっかり行うこと。

2、クレッシェンド、ディミニエンドを効果的に行うために曲の全体の強弱の構成を
  把握すること。

3、強弱を書いているということは、作曲者はそこを強調したいのだとるのだと
  認識すること。更にそれを聴衆に伝えることを意識すること。

4、P(ピアノ)は小さいのであって弱いのではないこと。気を抜いてはいけないこと。

5、掛け合いになっている所(カタツムリの”しあわせ”、おんがくの”みみをふさいで”等)
  は、入りをはっきり聴かせること。特にクレッシェンドには注意すること。

6、曲の中で自分のパートの役割を認識すること。
  例えば、オーケストラのどの楽器の役割なのかとイメージしてみること。

7、言葉のイメージを大事にすること。
  例えば”かみさま”とはどんな神様かをイメージすること。

○練習出席者(9名)
Sop 1、Alt 4、Ten 3、Bass 1


投稿者: 40代合唱人(編集:つか)
スポンサーサイト
21:00  |  練習報告  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chorshou.blog49.fc2.com/tb.php/8-e8950b7a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。