2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.13 (Sat)

I氏出張に合わせて参加~

○練習場所
クレオ西(研修室)

○練習曲
「木下牧子アカペラ・コーラス・セレクション」より
おんがく

「旅のかなたに」より
しあわせよカタツムリにのって

「シャガールと木の葉」より
歩く

○練習内容
<おんがく>
・鳴り始めの母音の厚みを増す
・8小節ワンフレーズを感じて
・和音を意識
・フレーズの頭は必ず上から掴む・乗る(下からズリ上げ・ぶら下がりNG)

<しあわせよカタツムリにのって>
・フレーズ内の上昇・下降に伴う揺れ(強弱等)をもっと感じて表現
・歌い出しをもう少し子音を鳴らす
・16分音符慌てない。丁寧に(「あんまり~」、「きらいじゃないよ~」など)
・6小節「しあわせよ」Alt・Tenはっきり発音
・15小節より前回までやや跳ねすぎだったので慌てずに
・下3声の「ル」はきちんと4分音符分鳴らす
・18小節「Ah-」上から柔らかくin。「まだ~」子音はっきり
・Sop先行して入るフレーズ頭はしっかり
・23小節下3声響きを当てる
・ラスト、Bassオクターブの移動をポジション変えずに鳴らす
・しばらくは自分なりの音量幅を意識してペース配分をしてみる
→自分なりの組立
☆2声、3声、4声各揃う場所をもっと意識。

<歩く>
☆「~カタツムリ~」同様、揃えるポイントを見逃さず意識
復調するポイントは沢山あるので周りへのアンテナを張って歌う
・強弱のメリハリをもっとつける
・フレーズの食いつきよく
・Aメロ、各「あるいている」女声、それぞれはっきりと入る
・リズム等パターンの同じパートをその都度意識してアンサンブル
・2拍3連を意識しすぎない。自然に4分、8分のパートと揃うように
・15小節クレッシェンドに続く「しあわせ」わざわざ引かない
→fを意識するより4声揃った厚みを感じさせる
・22小節指示記号通り(女声の軽快さと男性のマルカート)
・同箇所より男声、シンコペーションと言葉の両立
・35小節より「どこ~」を立てて
・46小節よりハミングも歌う(フレーズの揺れ)
・フレーズ頭の音、特に跳躍の下の音をしっかり鳴らして
・62小節Aメロに戻った歌い出し落ち着いて、しっかりと

○練習出席者(11名)
指揮者 1
Sop 2、Alt 4、Ten 3、Bass 1


投稿者: 姉。(編集:つか)
スポンサーサイト
21:00  |  練習報告  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chorshou.blog49.fc2.com/tb.php/10-764415fa

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。