2008年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.07.26 (Sat)

指揮者練習

○練習曲
 Ave Maria(Palestrina)
 ずいずいずっころばし
 相聞
 夢みたものは……

○練習場所
 クレオ西(研修室)

○練習の進め方
6:00~9:00 発声個人練習(担当S)
6:00~6:30 発声練習(担当B)
6:30~7:10 全体通し(担当I)
7:10~8:30 指揮者練習

・Ave Maria
 最初、一回通した後、指揮者なしで各パート一人で歌いました。
 一人で歌った理由は不明ですが、①声量不足、
 ②リズム感不足(間延びする)ではなかろうかと思っています。
 テノールが一人だったので4回歌いましたが、各回で声量、
 曲相が変わりました。

・ずいずい
 思っていたよりもかなりテンポがゆっくりでした。
 レガートの部分を勢いで行ってしまわないようにとの指摘がありました。
 先日のIさんのコメントにありました、3つ振り→2つ振り→4つ振り、
 の指導がありました。
 強拍の位置が変わってきますが、それに伴ってパート間の強弱
 (観客にメインで聴こえるパート)も変わります。
 まだ上手く表現できていないので、次回の指揮者練習までの課題です。

・相聞
 時間が無かったのでざっと通しました。
 4小節目の装飾音符が少しくどいようです。
 28小節からの女声メロディが少し重いとのこと。
 その前の男声のハミングで、リズムに上手く乗せられる様に
 がんばります。
 59小節、「我が恋ひずあらむ」淡々と歌っているとのこと。
 132小節、「夏草の~しのふらん」までノンブレストのこと。

 あと、練習後に追加で指揮者に質問しました。
 111小節からのラテン語はラテン語らしくとのことでした。
 子音をもう少し欲しいそうです。

・夢みたものは
 一回通しただけでした。


○練習参加者(12名)
  指 1、S 3、A 4、T 1、B 3


投稿者: 40代合唱人(編集:いいづか)
スポンサーサイト
21:00  |  練習報告  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.07.19 (Sat)

団長さんも駆けつけて

○練習曲
 (1)夢みたものは
 (2)Ave Maria(Palestrina)
 (3)ずいずいずっころばし
 (4)相聞

○練習場所
 クレオ東(研修室)

○練習の感想など
 発声練習後、上記曲順に、
 パート練習→合わせ練習の流れで行いました。
 以下、合わせ中からの指示です。

・夢みたものは
  後ろ向きの演奏になり易いので、前めを意識して。
  (メトロノームがある人は使用しての個人練習を)
  伸ばしは基本遅れる、また遅れがちになるパターンがある。
  細かい音符は走らないように。

・Ave Maria(Palestrina)
  フレーズの最後まで拍におさめるように。
  フレーズの入りもはっきりと。(上からあてる意識)
  〔e〕の母音をしっかりと。(前回、指揮者指摘事項。再度確認)

・ずいずいずっころばし
  男声は「とっぴんしゃん」の音形等キッチリ確認。
  インテンポだと全体的に荒くなりがちなので一音ずつ丁寧に確認。

・相聞
  曲中の怪しいところはさらっておく事。(「あがこいずあらん」等)

 
○練習後
 居酒屋にて昭和を懐かしみながら(多少ジェネレーションギャップを
 感じながら)チラシの件等をお話しました。
 私は連日の猛暑につきエアコン全開の影響を受けて腹痛だったので
 早めの帰宅となりましたが、その後も濃い話が展開されたと
 思われます。。
 折角の豚味噌キャベツを堪能できず残念です。。

○練習出席者(9名)
 S 2、A 3、T 2、B 2


投稿者: 漫画部 K(編集:つか)
21:00  |  練習報告  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.07.12 (Sat)

ずいずいずっころばし

○今週のキーワード
 「すいずいずっころばし」をメインで練習しました。

○練習曲/練習場所
 「すいずいずっころばし」、「相聞」、
 「Ave Maria」(Palestrina)、「夢見たものは」
   /クレオ東(多目的室)

○練習の感想など
 「すいずいずっころばし」以外の曲は、それぞれ2回程度通しました。
 自分自身の音の不安点については、ほぼ解消出来ました。
 
 最近、「水を冷やすより、お湯を冷やしたほうが早く氷になる。」
 ことを知りました。
 この意外な現象を、歌に利用できないかなと考え中です。
 多分、無理だと思いますが、もしかしたら・・・。

○練習後
 私は すぐに帰りましたが、
 他の方は食事に行って、団員募集のチラシの相談をしたと思います。

○練習出席者(11名)
 S 3、A 4、T 2、B 2


投稿者: 山本 健司
21:00  |  練習報告  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.07.05 (Sat)

課題多し…

<練習場所>
クレオ東クラフト調理室

<練習曲>
相聞、夢見たものは

<練習内容>
○発声
本日は個人発声はなしで、全員で発声練習。


○相聞
各パートに分かれて音取り。
又、各パートの中で分かれる所などの音の確認。
ソプラノ、アルト等は上下のパートがいたので一緒に音を出してみる、位の練習。

次に全員で。
なかなか初めて歌う者にとっては、音の和音を覚えないと、混乱するなーと実感。
そんな人もいるもんで、音の出だしがもあっとしているとの指摘あり。
しかもどんどん遅れていく。
歌えている方々に個人的練習でしっかり追いつかないといけないと思いました。


○夢見たものは
結構知っているひとが多かったんで、パート練習は少し。
全員であわせてもそれなりに曲にはなりました。
相変わらず、音の出だし、もあっと、テンポがだんだん後ろ向きに。
発声も明るく。
音はとれていても色々課題の多い曲だと思いました。


<練習参加者>9名
 S 4、A 2、T 1、B 2


投稿者: 才力夕゛(編集:つか)
21:00  |  練習報告  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。