2008年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.06.28 (Sat)

演奏曲決定!!

◎練習場所
 クレオ東(クラフト調理室)


◎9月15日の選曲(最終決定)

 ・ずいずいずっころばし
 ・Ave Maria(パレストリーナ)
 ・相聞
 ・夢見たものは

<決定理由>

・ずいずいずっころばし
 一般的によく知られている曲で受け入れやすいうえ、
 この曲が合唱だとこんな風になるのかという展開の面白さがある。
 最初のインパクトを残せる曲ではないか。
 
・Ave Maria(パレストリーナ)
 ひと昔前の独特の雰囲気があり、演奏効果が高い曲である。
 技術的にクリアして得られるものが多い。
 ずいずいが少ない人数ではじまるのに対して、四声そろってはじまるため。

・相聞(確定)

・夢見たものは
 メッセージ性のある曲がひとつあるほうがいい。
 一曲目がずいずいなので完璧アラカルトがいいのではないか。
 合唱曲の定番曲。

個人的なイメージだと、
「ドンとつかんで、きれいに聞かせて、重低音で響かせて、やわらかく終わる」

流れとしてきれいにまとまるだろうなぁと思いました。

選曲後、それぞれパートに分かれて音取りした上で、ひと通り歌ってみました。
全体のまとまりや、それぞれの曲はどれも好きなのですが、
AveMariaも含めて難しい。。。という印象です(*_*


◎ホールについて

見学した方々の意見によれば
とても響いて、きれいで、歌いやすいホールだそうです(^^
ソロでもしっかりうしろまで届きます♪(足音も響くほど)

おもいっきり歌いすぎるとうるさいくらいかも。
(でも普段が小さいからやっぱり精一杯歌わないとなぁ。)


◎試聴(ふるさとの四季、永訣の朝)

・ふるさとの四季
 なじみのある曲がたくさん。
 でも曲の出だしや終わりは知ってるけど、
 全体は知らないなぁ、という曲がわりとありました。

・永訣の朝
 感情移入したら歌いながら泣きそうですね(笑
 歌詞を含め好きな曲です。


☆練習後

5人で和風居酒屋(名前がわからないー泣)に行きました。


◎練習出席者(9名)
  S 2、A 4、T 1、B 2


投稿者: 風(編集:つか)
スポンサーサイト
21:00  |  練習報告  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.06.21 (Sat)

次のステージに向けての選曲

○練習場所
 クレオ東(研修室)

○練習概要
 9月15日に住吉区民ホールでのステージに参加させて
 いただくことがほぼ決まり、そのステージに演奏するための選曲がメイン。
 最後に以前歌った曲から数曲歌いました。


○選曲の内容
 演奏効果、曲調や難易度のバランス、練習時間などを考慮しながら、
 以前歌った曲を中心に選曲しました。

 団員からの推薦曲(16曲+1曲集)を音源を聞く→議論する
 という要領で進め、意見をすり合わせた後、
 ステージに出す曲、3~4曲をセットで提案し合いました。

 曲の数が多かったこと、また推薦曲だけあってどれもよい曲で
 ステージ曲を決定するまでには至りませんでしたが、
 メーリングリスト等で意見を交わし、 次回の練習には決定させたいと思います。

 今回、挙がった主な曲は次の通りです。

・Ave Maria(Palestrina or Victoria 作曲)

木下牧子作曲
・夢見たものは……(「夢みたものは」より)
・おんがく
・さびしいカシの木
・祝福(「ティオの夜の旅」より)

千原英喜作曲
・おらしょⅢ(「おらしょ」より)
・相聞(「レクイエム」より)

松下耕作曲
・守る(「子猫物語」より)
・あなたの心のなかに(「胸の中の風景」より)

信長貴富編曲
・ずいずいずっころばし(「7つの子ども歌」より)
・赤とんぼ(「ノスタルジア」より)

キングズシンガー編曲
・Michell(「THE KING'S SINGERS LENNON & MCCARTNEY COLLECTION」より)

多田武彦作曲
・黎明(「白き花鳥図」より)

三善晃作曲
・地球へのピクニック(「地球へのバラード」より)
 

○練習後
 6名で『鳥造の隠れ家』にて。
 珍しく外声のみの飲み会になりました。

○練習参加者(12名)
S 4、A 3、T 2、B 3


投稿者: スーⅠ、姉。(編集:つか)
21:00  |  練習報告  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.06.15 (Sun)

第45回大阪府合唱祭

○合唱祭会場
 SAYAKAホール 大ホール

○演奏曲目
 「Ave Maria」(Palestrina, Victoria,)


○合唱祭本番の感想
 皆様今日はお疲れ様でした。
 本番直前の立ち位置変更が良かったのか悪かったのか、
 本番の録音はまずまずの出来だったのではないかと思います。
 しかし個人的にはいつも通りが、いらぬ負担がなくて良かったなあ。。

 デビューのお二人お疲れ様でした。
 感想を聞き、また初心に戻りました。
 また、東京からのお二人も有難うございました。

 
○本番出演者(15名)
  指、S 3、A 5、T 3、B 3


投稿者: 310◎(編集:つか)
21:00  |  本番報告  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.06.14 (Sat)

ホールでの練習

○練習曲/練習場所
「Ave Maria」(Palestrina, Victoria)
 /梅香殿(西九条)

○練習内容、感想

直前ですので、個人発声練習は無し。
最初から全体で合わせて練習でした。

ホールで練習というのも、いい経験になったと思います。

Palestrinaは、一回試しにということで、パートごとではなく、
全員がランダムに並んで歌う、というのをやってみました。
ここで、指揮者が「これで舞台に乗せるわけじゃない」と
はっきり言ってるんですが(笑)。

が、確かに録音聞いたら、良い出来でしたね、これ。
本番よりもこっちの方が良かったかも(笑)。
まあ、録音位置の違いがありますし。


○練習出席者(15名)
  指、S 3、A 5、T 3、B 3


投稿者: ちゃりんかー(編集:つか)
21:00  |  練習報告  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.06.07 (Sat)

合唱祭まであと少し!

○練習曲/練習場所
「Ave Maria」(Palestrina, Victoria)
 /クレオ大阪西 研修室

○練習内容

 ◇発声
  2人1組になり,1人ずつ交代で相手を見ながら行う
  お腹から息を流せるように発声練習

 ◇全体合わせ

〔2曲通じて〕
 ・パートの並び順が変更 Sop. Alt. Ten. Bas.⇒Ten. Sop. Alt. Bas.
 ・先の方をイメージしながら,声をとばす
 ・歌い始めの音とりは,C音(単音)のみにする
 ・フレーズの始まりはしっかり響かせる
 ・4声揃うところを意識して歌う
 ・曲を流す
 ・〔i〕,〔e〕の母音を再確認
 ・カンニングブレスの仕方と,する箇所を考える
 ・流れを作るために,エンジンをかける箇所を考える

〔Ave Maria(Palestrna)〕
 ・曲の出だしは,他パートと一緒に入る意識を持って入る
 ・16小節目からのAlt.はもう少し大きめに入り,もっと広げていく
 ・高音域,Sop.は重くなり過ぎないように!
 ・9小節目からの外声は,お互いよく聴きあって和音を感じ,
  言い直すところや発音をあわせる
 ・5~8小節目のSop.はレガートで歌う

〔Ave Maria(Victoria)〕
 ・女声走らない
 ・母音にテヌートをきかせる
 ・ゆっくりかまえ,たっぷり歌う
 ・今までのバランスより,Ten.は少し抑えて,Bas.はもう少し 女声はもっと出す
 ・曲の出だしはレガートでバタバタしない 2拍子を感じるくらいにたっぷりと!
 ・13小節目からは,Ten.がやわらかめ,Bas.がかためで歌っているが,
  Ten.が少しかために近づけ,女声もそれに沿うように歌う
 ・20小節目から,Sop.はレガートに歌い,Alt.は音楽的につなげて歌うようにする
  (フレーズを大きく感じる)
 ・31~32小節目(mf→mp),35~37小節目(cresc.),38小節目(dim.),
  39小節目(和音を響かせる),40小節目(動くパートは,入ったのがわかる
  ように動き和音にはめる),41小節目(4声のハモリをふわっと聴かせる)
 ・クライマックス部分,8分音符はかために歌う

○ブレイクタイム
 団長様から東京ばななの差し入れがありました。
 女声はカンニングブレスが重ならないように相談などしていました。

○練習感想
 今回,女声は各パート内で声をそろえる事や,カンニングブレスの箇所を
 相談するなど,少しずつですが,曲にもそれらが反映されていたのを感じました。
 それらを,普段の練習から少しずつでも意識できればもっと良いのかも
 しれませんね。がんばりましょう!

 あと,高声・低声での動きや外声・内声での動きなども,お互い発信したり
 受信したりできる箇所が増え,歌いやすくなったのでは?
 
 合唱祭まであと少しですが,以下のような確認の時間がとれれば
 やってみてはいかがでしょうか?
  ・録音を客観的に聴き,勝手な速さで歌う癖のある箇所を見直す
  ・不安箇所,他の方に頼っている箇所の克服
  ・同じ動きのパートや,かけあいで先行するパートのチェックを
   することで,キーとなるパートを確認する
  ・高声は,跳躍箇所の音の確認
  ・歌わされているのではなく,自分も曲作りに参加する

○練習後
 7名で酔虎伝へ。Yくんのマイ箸や次回ステージの曲や・・・。
 女声はもっと鍛えたら,パート変わる人続出かも???なんて話も 
 ありましたっけ・・・。

○練習出席者(13名)
  指、S 3、A 4、T 3、B 2


投稿者: ♪♪♪(編集:つか)
21:00  |  練習報告  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。