2008年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.04.26 (Sat)

見学の方が入団!

○練習曲/練習場所
「Ave Maria」(Palestrina, Victoria)
  /クレオ東(研修室)

○練習の概要
指揮者が来られましたので、個人ボイトレはせず合唱中心の練習となりました。
 また、見学に来られた方も参加しての練習となりました 。
 (その後、晴れて入団と相成りました!ソプラノという事でBさんがとても嬉しそうなのが
 印象的でした)

○練習内容
Bさんによるストレッチング・Sさんによる声出し基礎等を行って
指揮者の指導による練習となりました。
  
・基礎ではハミングからのロングトーンを中心に行いましたが、
指揮者からも指摘があった通り、発声一つにしても常に意識する点や
意味あいを自分なりに課題を設定して行う事が重要で、
かつ毎回そのように行う事が大切である事を改めて確認しました。
自分の中での無駄となってしまわぬよう、取り組む意識が大事であるとの事です。

・曲練習はパレストリーナ→ビクトリアの順で行いました。
 それぞれ区切りながら細かい指摘を受けました。
曲としてまずはまとまるように抑えるべきポイントを確認できました。


○練習での注意点
・曲の入り(単語の始まり等)の思い切りをよく、ただし歌い方を意識して
単調にならないように。
・音をきっちり当てにいく!結果として出なくても当てにいく意識が大事。
・ブレスの位置を各パート内で決めておく!
 ※ビクトリアの最後あたり、ソプラノの方の頑張るところは重要ですね。
・パートが異なっても同じようなフレーズを一緒に歌うところや、
 似たフレーズを順番に歌うような場合等、それぞれ抑えるポイントを意識する。
・女声が男声と比べて浅くなりがちなので、深みを持たせるように。
・パレストリーナの最後は(自分が)思ったより長く伸ばす感じでした。
・ビクトリアの20小節目からは(最終的には)1つ振りになるそうです。
・その時々で音を合わせにいくのではなく、練習の時から本番を想定した発声で。
・曲順は今のところページ順の通りパレストリーナ→ビクトリアになる模様です。
・ビクトリアの冒頭のソロはMさんに決まりました!

色々と認識しなければならない点は多いですが、より良い響きを目指して
頑張りましょう!
  
○練習後
練習後は歓迎会も兼ねて10名程で居酒屋に行きました。
入団された方は高校で合唱をされていたそうで、練習の時から
すでに打ち解けた感じで、とても気さくで親しみやすい印象を受けました。
若い方ですが、自分としては合唱の先輩が増えた感じです(笑
お酒も強いそうです!団長さんとの飲み比べを今から楽しみにしておきます。

○練習出席者(13名)
  指 1、S 3、A 4、T 2、B 3


投稿者: 漫画部 K(編集:つか)
スポンサーサイト
21:00  |  練習報告  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.04.19 (Sat)

ヨガを元に

○練習曲/練習場所
 「Ave Maria」(Palestrina, Victoria)
   /クレオ東(多目的室)

○練習内容

 ◇ウォームアップ及び軽い発声(担当;A)
 
 ◇曲を使って~子音の処理と表現と音色等

 ◇各曲歌い込み(担当;B)
 
 ◇個人ボイトレ

 ◇各曲合わせ(担当;C)
  ※ポイント;音の立ち上がりを意識(集中力を持って息を流す)
        フレーズの変わり目できちっと存在感を持って入る

○練習感想
 各担当共別々に用意してきましたが目的地は同じように感じました
 →子音、息のつなぎ方、力の方向等々
 
 私の担当で言うと体の使い方や息のつなぎ方等を体感しやすいように
 ウォームアップを組み立てたつもりです
 
 今日やってもらったヨガを元にした力の方向や子音のみの練習、
 蝋燭を吹き消す、などは実際に声を出せないところでもできますので
 家でもやってみてくださいね。体力アップや肺活量アップにもなるよん
 (やりすぎて貧血に注意(^_^;)
 
 女性は合宿時に紹介した骨盤周りのトレーニングもやってみてください
 (男性や不参加だった方で興味のある方は気軽に聞いてくださいね)

○練習出席者(6名)
 S 2、A 1、T 1、B 2


投稿者: 姉。(編集:山本 健司)
21:00  |  練習報告  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.04.12 (Sat)

曲の構造

○今週のキーワード
 Iさんが曲の構造の解説と、構造を踏まえた練習をされました。

○練習曲/練習場所
 「Ave Maria」(Palestrina, Victoria, Arcadelt)
   /クレオ東(多目的室)

○練習の感想など
 歌手としての視点から曲をとらえることが 自分自身は ほとんどなので、
 曲の構造の解説は興味深かったです。
 
 今回の曲に関して、
 「自分自身が身に着けているアプローチ方法」に限界を感じているのですが、
 こんなところに突破口があるのかも知れない などと考えていました。
 
 合唱祭までには、「これだ!」というものを何かつかみたいものです。
 
 なお、「&は ラテン語の et が起源」とのことです。
 
○練習後
 4人で「土間土間」に行きました。
 『合唱団の数人で一緒に観に行った「うた魂」効果』なのか、
 合唱についての話題が多かったです。
 
 なお「秘密のメニュー」の評判はイマイチでした。
 (「これは何ですか?」の質問の答えが
   「秘密です」だったのは面白かったですが。)

○練習出席者(7名)
 S 2、A 3、T 1、B 1


投稿者: 山本 健司
21:00  |  練習報告  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.04.05 (Sat)

合唱祭の曲決定!?

<練習場所>
 クレオ大阪東・多目的室

<練習内容>
 ○30分程発声練習。

 ○選曲過程で候補にあがっていた曲、
  ・Victoria
  ・Arcadelt
  ・Stravinsky
  ・松下耕
  ・Clemens non Papa
  の「Ave Maria」を
 歌う→各自、音の確認→通し
 という要領で練習していきました。

 ○各自、曲に対するイメージがある程度できた段階で
  選曲の話し合いへ…(残り30分程)
 
  最初に、
   女声が3声に分かれ、負担が重いこと、
   曲に対する想いが強い人がいなかった
    (曲の音があまり取れず、
     イメージが沸かなかったせいかもしれません)
   ことを理由に
  Clemens non Papa が脱落。
  
  松下耕も曲に対する興味は強い人もいましたが、
  女声の負担、曲の難易度等の理由で、
  今回は見送ったほうがいいという意見が強かったです。
  
  残った3曲のうち、
   Arcadelt はラテン語の勉強には適しているとの意見や
   Stravinsky に強く興味を示した人がいましたが、
  
  挙手による結果では
   Arcadelt   …0
   Victoria   …3
   Stravinsky  …2
   棄権     …1
  となりました。
  
  今回、参加人数が少ないこともあり、
  このまま決めてしまっていいのか という意見がありました。
  しかし、次回の練習までには決定させたいとの意見では一致しました。
  
  また、この結果をもとに、
  最終決定は指揮者に委ねようという意見がありました。
  
  練習後は4人で「はんなり」に行きました。(2週連続)
  めずらしく(笑)、合唱の話題で盛り上がりました。
 
○練習出席者(6名)
 S 2、A 1、T 1、B 2


投稿者: つか(編集:山本 健司)
21:00  |  練習報告  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。